5月9日

RADWIMPS武道館初日。
RADWIMPSにとって初の武道館。わたしも初武道館。×と○以来3年ぶりにRADのライブに行けることになった去年。

嬉しくて嬉しくて。やはり気になるのが席。発券して、でも200番台。ブロックは良さそうだけど、後ろのほうかな。なんて思ってた。

当日妹と東京駅で合流し、ご飯を食べ、グッズを引き換えに。九段下の駅がアクエリアスのポスターになってた。

そんなに物販も混んでない!ブースを見て、一旦ホテルへ。ホテルも近いとこで広くて少し金額は張ったけどよかった。

5時過ぎには出たかったけど、妹がのんびりなので結局20分過ぎに。整番あるものの後ろになりそうで不安が顕著に出る。

なんとかアリーナ待機場所にはたどり着けたものの、300番台の人がかなり前に。あ~もうだめかも、なんて思ってたけどちゃんと番号順に入れました。

思ってたよりかなり前!ほんとうに驚いた。目の前には武田がいる配置。嘘でしょ。

肝心のライブはというと、一曲目最後のサビまでステージにはライトがきらきらあてられ、幕?ごしにみんなが見えた。

もうあっという間に過ぎてった。洋次郎は踊るし、武田とは目が合うし、桑は走ってた。

棒人間、告白などバラード系は勿体ない気もしながら贅沢にも目を瞑って聴いたが、込み上げるものがあった。

おこして、ます。DADA、おしゃかしゃま、群青などいつもの定番には思わず笑みがこぼれる。

アンコールでまさかの弾き語りオーダーメイド。
間違えちゃった、っていう洋次郎が可愛かった。


表現者。だな、って。


それから、事変ファンとしてとしちゃんのドラムが見れたのが、ほんとうに嬉しかった。
楽しそうにドラムを叩くとしちゃんが好き。



色々残したい気もするけど、わたしの拙い文では記せない。

ただ、昔も今も彼らの音楽に助けられている。