ここのところ、同じようなことで行き詰まってる。もやもやするというか、ざわざわするというか。

周りが結婚や妊娠やらめでたいことが続いている。わたしはそういうものから逃げた人間なので、縁はないと思っているし、結婚には興味がない。これは本当。

もしもこの先、恋人なる存在ができたとしても、結婚はしないと思う。なんとなく。子供要らないし。


世間では不倫というのだろう。ずっと。彼女がいても会ってたし、子供ができて結婚してからも会ってたし。もうわたしに気持ちはないのだけど、楽だから 。愚痴も聞いてくれるし、ドライブにも連れてってくれる。
前はわたしが都合のいい女だと思っていたけど、都合のいい人、になってしまった。

一人で大丈夫って言い聞かせてた。どうせ世間体とか気にして去っていくものだと。自立してバリキャリの強い女性に憧れてた。きっと今ちょっと寂しい。わたしのこと気にしてよ、大事にしてよ、と思っている。

なんでわたしは強くいなければいけなかったのか。そこに戻ってみる。
父親が仕事でほぼ家にいない幼少期(今もだが)。長女のわたしがしっかりしないといけなかった。母親は天然で、知らない人ともすぐ話すし、人当たりはいい。ただ、いい人過ぎて、周りに気を使いすぎて、よかれと思ったことは裏目に出てしまうような人でもある。
そんな母を父は結構怒っていたから、こんないい人にはなりたくない、と思ってしまった。
もっと強く、男と張り合えるくらいの人になりたかった。
ほんとうは、華奢で力もないし、守ってもらいたい欲が強い人間なのに。そこで重い荷物を運んで無駄に疲れたり、くっついていたいのにくっつけないという後悔が生まれる。

声を大にして言いたい。ほんとうのわたしはか弱い女なんだー!誰よりも弱いんだ。大丈夫という言葉で背けてきた感情。守られていいんだ。くっついてうざがられてもいいんだ。

もう少し自問自答する必要がある、この課題。はぁ、美人になりたい(違う)